【これから介護を迎える飼い主さんに】老猫の介護に必要な介護用品を7つ紹介します。

猫が高齢になるのは7歳頃から。段々と手がかからなくなってそろそろ介護が必要になる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回は老猫の介護のためにあって困らない最低限必要な介護用品を紹介します。

少しでも飼い主さんの参考になれば嬉しいです。

 

老猫の介護に必要な介護用品のおすすめ

必要な介護用品①|介護食

介護食は色々なメーカーがありますが、口コミがよくて介護をしている飼い主さんがあげているのが「メルミル」です。

カロリーが高くて、ドライフードが食べれなくなった子、介護期の食が細くなった子におすすめです。

ここにタイトル
シリンジであげると食べやすい
我が家でも事故にあって食べれなくなった子にシリンジを使ってどうにか食べてもらっていました。
流動食をあげる飼い主さんは検討してみてください。

 

必要な介護用品②|ご飯容器や水入れ

前かがみの姿勢は、老猫の関節に負担がかかります。

ご飯や水入れの容器は、老猫がしゃがまないで食べたり飲めるように高さのあるものにしましょう。

足つきの容器が通販などで売っています。

 

必要な介護用品③|介護トイレ

シニア対応で、トイレのヘリが低くなっているものも売っています。

LIONのトイレはヘリが12cmまで低くなっているので、関節が弱くなってきている子にもおすすめです。

 

老猫の粗相対策

老猫は粗相をしてしまうことも多いので、ペットシートをトイレの周りに敷いておけば安心です。

 

必要な介護用品④|介護おむつ

ペット用のおむつは尻尾がとおるように穴が空いています。

猫用のおむつはなかなか少なく、「マナーウェア」シリーズから猫用が出ています。

犬用や人用だとずれてしまう猫もいるので、猫用が安心です。

衛生面を考えておむつはこまめに取り替えて、おしりふきやパウダーも活用しましょう。

 

おむつが外れてしまう子に

もし動き回る子でおむつが外れてしまうようだったら、
エリザベスウェアなどの着用もおすすめです。

 

必要な介護用品⑤|介護ベッド

老猫は体力的に行動が制限されたりすることから、床づれをしてしまうことがあります。

いままでは床で寝ていたかもしれませんが、なるべくでしたらマットやベッドの上で寝てもらうようにしてあげてください。

介護ベッドについて、さらに詳しく記事を書いています。

老猫の介護ベッドのおすすめ:特徴や抑えなければいけないポイントは?

 

必要な介護用品⑥|介護マット

介護ベッドではなく床ずれ防止のためのマットレスに切り替えている飼い主さんもいます。

愛猫の様子にあわせてマットレスやベッドを選んであげてください。

↓介護用マットレスについても書いています。

老猫の介護ベッドのおすすめ:特徴や抑えなければいけないポイントは?

 

必要な介護用品⑦|介護ケージ

ペットサークルですが、介護用に使っている飼い主さんもいます。

上にもメッシュの天井をつけられるのでおすすめです。

ケージが嫌な子は硬いケージだと自傷行為をしてしまう場合もあります。

広めなのでこういうものを利用することもおすすめです。

 

最後に

今回は老猫の介護に必要なグッズを紹介しました。

猫ちゃんがなるべく幸せな老後を送れるように祈っています。

少しでも飼い主さんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

老猫の介護ベッドのおすすめ:特徴や抑えなければいけないポイントは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です